自動車関連事業

YUJI IWAIZAKO
祝迫 雄司

軽未使用車専門店 『レディバグ』

店長 カーライフアドバイザー

日本大学卒 2011年度入社

軽未使用車専門店 『レディバグ』店長 カーライフアドバイザー 祝迫 雄司

「ありがとう」の数だけ
自分の成長につながっていく

何かやりたいことがあったわけではない。 「人」が良さそうな会社。 たくさんチャンスがある会社。 ここなら、成長することを楽しめるかも。と、そんな動機でオールフロンティアへの入社を決めた。 配属先は、軽自動車専門店だった。 仕入れ、商品化、値付け、販促企画、販売など、経営の一連の流れを経験できることが魅力だった。 特に車に興味があったわけではないが、ここでは経営を学べる面白さを感じた。カーライフアドバイザーとしての役割はお客様の生活に合ったおクルマの提案。大きな買い物だからこそ、わたしたちのアドバイスがとても重要になってくる。一年目のときに出会ったお客様から「あなただから買おうと思った。 本当にありがとう」という言葉をもらったとき、とてもうれしかった。すべての経験が新鮮で、たくさんの「ありがとう」がわたしを成長させてくれた。 そしてカーライフアドバイザーから店長へ。いままで経験してきたことを後輩たちにも体験してもらいたい。店長として新たな挑戦が、はじまる。

自動車関連事業 祝迫 雄司

建築資材事業

SYOHEI ATSUHATA
安津畑 翔平

中古足場の買取・販売・レンタル 『足場王』

資材管理部 ヤード長

中央大学卒 2013年度入社

中古足場の買取・販売・レンタル 『足場王』資材管理部 ヤード長 安津畑 翔平

3年で10年分の
経験ができる会社だと思った

将来の夢は、経営者になること。大学時代は自動車部に所属し、レースで日本一になった経験もあった。車関係の会社には内定をもらっていたけれど、その会社で働くことが夢につながるのかイメージがつかなかった。なにを売るかではなく、なにが経験できるのかが大切だった。だからこそ、若いうちからたくさんのチャンスを与えてもらえる会社に行きたいと思い、オールフロンティアに入社した。配属先は大好きな車の部署ではなく、建築資材事業。入社して間もなく新規出店の立ち上げのチャンスをもらった。やりたいと思っていた立ち上げの仕事は想像以上に大変で、お金や人の管理はもちろん、経営陣とのコミュニケーションもすべてが貴重な経験だった。できないことがたくさんあると痛感した。若いうちから大きな仕事を経験したことで、わたしの夢はさらに現実味を帯びた。成長とは「できないことができるようになる」こと。そこに、近道なんてない。これからも夢に向かって挑戦していく。

建築資材事業 安津畑 翔平

教育事業

MAI KOIKE
小池 舞

そろばん教室 『みにつくクラブ』

教室長 そろばん・書道講師

大東文化大学卒 2011年度入社

そろばん教室 『みにつくクラブ』 教室長 そろばん・書道講師 小池 舞

さまざまな経験、挑戦を通じ
自分の可能性を広げる

自分になにができるかなんてわからないから、どの職種、業界に行きたいのかなかなか決まらなかった。そんなとき多角経営をするオールフロンティアに出会い、いろいろな経験ができることに魅力を感じ、入社を決めた。自動車販売の仕事を経て、次のステップとして教育事業へ人事異動。接客業から、講師業へ。お客様は大人から子どもへ。こんなギャップは他の会社では経験できないから面白い。「みにつくクラブ」は生徒のやる気を大切にしている。ただ教えるのではなく、楽しませる。楽しんでいるからこそ、成長し続けることができ、達成感を覚えてもらうことで、次のステップに行きたくてワクワクする。 成長し続けることで、生活も人生もキラキラ輝く。ここでは「挑戦する意義」や「目標の立て方」も教えている。それは自立した大人へと成長してほしいという想いから。この考え方は、オールフロンティアの育成方針と同じ。「人を育てる」ことの責任の重さを感じながら、わたし自身も挑戦し続けていきたい。

教育事業 小池 舞

HRサービス事業

SATOMI HIROTA
廣田 覚美

カフェ&ダイニング『hanami』

コーディネーター

山口県立大学卒 2008年度入社

カフェ&ダイニング『hanami』コーディネーター 廣田 覚美

学生時代よりいまのほうが
夢を語っている気がする

入社前オールフロンティアにデザイン制作の部署がないことを知り、社内で立ち上げを行うことを目標として入社を決めた。入社して半年後、インハウスの制作部を立ち上げ、デザイナーとして自社事業のブランドづくりを担当。最近では 表参道カフェ&ダイニング「hanami」のコンセプト設計、デザイン制作、広報を行った。
その経験を活かし、今度はコーディネーターとしてブライダル事業の立ち上げを行う。オールフロンティアは、新規事業の立ち上げが盛んである。 そのチャンスは「やりたい」と手を挙げれば、掴める。そして、思いきり任せてくれる社長がいて、応援してくれる仲間がいる。立ち上げの経験を経て、できないこと、知らないことがまだまだたくさんあると気づく。そしてその経験は、わたし自身の市場価値を高めてくれる。わたしの成長が事業の発展に直結することの面白さがある。これからも新たなサービスやブランドを次々と立ち上げ、成長し続けたい。

HRサービス事業 廣田 覚美

Vision

オールフロンティアが目指すもの

私たちの約束

現在、オールフロンティアは、中古車販売や自動車&バイクパーツの販売事業ならびに整備、車検、メンテナンスサービスを手掛けるとともに、建築資材事業、飲食事業、教育事業まで幅広く多岐にわたる事業を手掛けています。いずれもまだ小粒な事業ですが、着実に基盤を固めつつ、すべての事業で成長を遂げています。経営環境の激しい変化の中、企業経営も「守り」の時代と言われますが、私たちはこれからもチャンスに敏感に反応し、未知の分野にも積極的に歩を進めてまいります。

リユース事業で新しい産業を

私たちがめざすのはまずリユースの事業領域で、新しい産業を起こすこと。すべての産業が地球環境問題の取り組みに力を入れているいま、私たちはこれまで培ってきたリユース事業のノウハウを新しい分野に活かし、日本のさまざまな産業で、環境負荷やコスト削減に貢献する事業を手掛けていきたいと考えています。その一方で、教育事業にも力を注いでまいります。2010年にスタートした、児童のためのそろばん・書道教室「みにつくクラブ」は、おかげさまで大変な好評をいただいております。日本の将来を担う「人」の育成にも力を注いでいます。

「波乱」を迎え撃つ!

私たちには一つの確信があります。それは、どんな荒波にさらされても、私たちにははじき返すパワーとエネルギーがある、ということ。100人を超えるスタッフのうち半数以上が20代という若い集団です。一人ひとりの柔らかい頭で、いかなる変化にも対応できるという自負があります。私たちは時代の「波乱」を歓迎します。環境が厳しければ厳しいほど、力が発揮できると確信しているからです。新しい時代の波に乗り、斬新な事業を手掛けていく私たちに御支援を賜りますようお願いたします。そしてぜひ、これからのオールフロンティアの活躍にご期待ください!